-

生活保護費「三重受給」なぜ可能? 「不正できる仕組みなくせ!」と怒りの声(…

生活保護費「三重受給」なぜ可能? 「不正できる仕組みなくせ!」と怒りの声(J-CASTニュース)

ネットと静岡地裁について、もっと掘り下げて調べてみたいですね。
さらに、静岡県警はなかなか良さそうです。
いかにも、ネットとはいったいどういうことなのでしょうか。
気がついたのですが、春日野被告を見て直感的に興味が湧きました。
しかしながら、春日野被告の話題は、非常に興味があります。まさに、待っていました!という感じです。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140902-00000010-jct-soci




生活保護費「三重受給」なぜ可能? 「不正できる仕組みなくせ!」と怒りの声
J-CASTニュース 9月2日(火)20時23分配信






 生活保護費を三重に受給していた詐…のときに三鷹市のケースワーカーからの電話で分かった。春日野被告は、三鷹市で09年5月から生活保護を受けていたが、相模原市からも12年12月から13年9月まで同時受給していた。支給を打ち切る14年1月ま…上るという。三重受給の期間は、ほかに3回あったともされている。

 驚きの不正内容に、ネット上では、「審査がザルすぎる」「不正が出来る仕組みをなくせ!」と怒りの声が上がった。また、「どうせこんなの氷山…した。これで居住実態があることになりますので、保護費を支給しました」

 春日野被告はその後、民間の女性保護施設に住んだり、知人宅に戻ったりした。知人宅にいたときは、本人に電話で住んでいるかを確認した…に、神奈川県からの情報提供をもとに調べて初めて分かったという。担当者は、「一自治体ではいかんともしがたく、自治体間の情報システムなどを国で検討してほしい」と話す。ただ、マイナンバー制度などの整備は、個…
続きを読む
  • 2014.09.06 Saturday
  • 22:07